2016年09月05日まで

前回の学習記録、2016年07月15日までから、2カ月弱経ち、ドイツ語学習がキリの良い所まで来ましたので、今までの学習記録を残しておこうと思います。

スピーキング

CD2枚付 口が覚えるドイツ語 スピーキング体得トレーニング

前回までで、2ターン終えていた、口が覚えるドイツ語、さらに3ターンやって、計5ターン目まで終わり、瞬間独作文とまではいかなくても、音声に合わせてシャドーイング程度は、出来るようになってきました。

前回の学習記録を見ると、「まだまだ、スピーキングどころではなく、まだまだ、正しく綴りが読めない、音声に付いていけない」と私は書いていますので、前回までと比べると、しっかり成長しているようです♪

この調子で、100ターン目まで続けて、どのくらい成長するか、今から楽しみです!

語彙

Mastering German Vocabulary: A Thematic Approach (Mastering Vocabulary)

前回の学習記録を書いた時に、注文していた、Mastering German Vocabulary、先日、1ターン目の音読を終えました。

といっても、1ターン目ですので、英語の訳文を読んでも、ドイツ語の文が理解できないものが多々あるという感じですが笑、最初はこんなもんで、2ターン目、3ターン目と、続けて行くうちに、理解度が増していくはずですので、これからも、この教材をみっちりやっていこうと思っています。

ドイツ語文学を原書で読みたい!

Die Verwandlung Siddhartha

前回の学習記録で、「Mastering German Vocabularyを1〜2ターンか音読し終えたら、そろそろ辞書を引きながら、実際に、ドイツ語文学を原書で読んでいこうと思います。」と私は書いていますが、フライングかまして笑、Mastering German Vocabularyと同時に、カフカの「Die Verwandlung(変身)」を読んでみました。

そして、見事に、途中で放り出してしまいました笑

というのも、ほぼ、全ての単語が分からないので笑、さすがに、辞書を引きまくるといっても限度があり、2、3ページで止めてしまいました笑

そして、今、Mastering German Vocabularyを、1ターン終えましたので、そろそろ、もう一度、ドイツ語文学の読書にトライアゲンしたいと思い、ちょっと前から、ヘッセの「Siddhartha (シッダールタ)」を読み始め、10ページまで行きました。

「変身」は、英語で2度しか読んだことがないのですが、「シッダールタ」は、日本語で1度、英語で4度読んでいますので、内容をけっこう覚えているため、より負担なく読めるのではないかと思います。

最後に

以上、6月くらいから始めたドイツ語学習、6月、7月、8月と、3カ月での成果はこんな感じです。

また、最近、フランス語学習のほうが、キリの良い所まで来まして、今までフランス語が中心だったのですが、フランス語のほうは読書メインにするため、これからは、ドイツ語を中心に勉強して行けると思います。

はやく、ドイツ語文学を原書で楽しめるようになりてえぜ!笑