疑問代名詞

疑問代名詞とは、疑問文を導き文中で代名詞になる単語で、英語でいう「what」「who」「whose」「which」のことです。

「what」は「was」
「who」は「wer」
「whose」は「wer」の2格
「which」は「welcher」
になります。

「was」「wer」

 Was ist die definition von Glück?
 What is the definition of happiness?

 Wem hast du es gegeben?
 Who did you give it?

 Wessen ist die Erde?
 Whose is the earth?

上の1番目の例文は、「was(何)」という疑問代名詞がが使われています。
文の中では、SVCのCになっていて、1格なので、「was」の1格「was」の形になります。

上の2番目の例文は、「wer(誰)」という疑問代名詞が使われています。
文の中では、「あなたは、誰(3格目的語)に、それ(4格目的語)を与えたのか?」という文の3格目的語なので、「wer」の3格「wem」の形になります。

上の3番目の例文は、「wessen」は「wer」の2格で、英語で「whose」にあたるという疑問代名詞になります。

疑問代名詞
  1格 2格 3格 4格
was wessen was was
wer wessen wem wen

「welcher」

 Welches ist dein Buch?
 Which is your book?

「welcher」は、英語でいう「which」で、これは、受ける名詞の性数格によって「dieser」と同じ変化をします。

この例文では、「Buch」は中性名詞単数形で、SVCのCは、1格なので、「welcher」は「welches」の形になっています。

welcher
  男性名詞単数形 女性名詞単数形 中性名詞単数形 名詞複数形
1格 welcher welche welches welche
2格 welche welcher welches welcher
3格 welchem welcher welchem welchen
4格 welchen welche welches welche

最後に

疑問代名詞と疑問限定詞は、形が同じものがあるので、一緒にされやすいですが、代名詞と限定詞は、明らかに違う品詞ですので、ちゃんと区別して考えた方が、理解しやすいと思います。