関係代名詞

英語の関係代名詞は、複数あったり、省略があったりしますが、ドイツ語の関係代名詞は、よく使われるのは「der」で、省略されることはありません。

代名詞ですから、形は、先行詞の性数に一致させ、また、関係詞節の中で、どの格になるかによって、関係代名詞も以下の表のように変化します。

der
  男性名詞単数形 女性名詞単数形 中性名詞単数形 名詞複数形
1格 der die das die
2格 dessen deren dessen deren
3格 dem der dem denen
4格 den die das die

1格

 Ich mag die Leute, die mich mögen.
 I like people who like me.

関係詞節は、副文で、関係詞の前にコンマをうち、関係詞の文の中は定型後置になります。
例文でも「die mich mögen」と、定動詞が一番最後に来ているのが分かると思います。

この場合は、先行詞「Leute」が、名詞複数形で、関係詞節の中では、主語になっているので、名詞複数形1格「die」の形になります。

2格

 Ich mag die Leute, deren Hobby das Lesen ist.
 I like people whose hobby is reading.

この場合は、先行詞「Leute」が、名詞複数形で、関係詞節の中では、2格になっているので、名詞複数形2格「deren」の形になります。

3格

 Er ist der Mann, dem ich es gegeben habe.
 He is the man to whom I gave it.

この場合は、先行詞「Mann」が、男性名詞単数形で、関係詞節の中では、3格目的語になっているので、男性名詞単数形3格「dem」の形になります。

4格

 Sie ist die einzige Frau, die er geliebt hat.
 She is the only woman whom he loved.

この場合は、先行詞「Frau」が、女性名詞単数形で、関係詞節の中では、4格目的語になっているので、女性名詞単数形4格「die」の形になります。

最後に

英語の場合は、先行詞が、人なのか物なのかで、「who」「which」「that」などが使われますが、ドイツ語では、人でも物でもこの「der」です。
他に「welcher」も関係代名詞ですが、あまり使われていないようです。