名詞

ドイツ語の名詞は、文の中で使うときに、色々な決まりがあります。
ただ、最初から、細かいルールをたくさん並べられても、イヤになってしまうと思いますし、最終的には「文法」というより「語彙」として覚えて行けばいいものですので、ここでは、大まかなものだけ触れていきたいと思います。

名詞の性

 Kuss 男性名詞(kiss)

 Leben 中性名詞(life)

 Reise 女性名詞(trip)

ドイツ語の名詞には「性」があります。
これは、フランス語でも同じですが、中性名詞があることが、フランス語と違います。

名詞の複数形

 Kuss → Küsse

 Leben → Leben

 Reise → Reisen

 Gott → Götter

 Hotel → Hotels

語尾に「e」が付くタイプ
変化しないタイプ
語尾に「n」が付くタイプ
語尾に「er」が付くタイプ
語尾に「s」が付くタイプ

ドイツ語の名詞の複数形は、見ての通り、上の5パターンあります。
他に一部、不規則な変化をするものもあるので、「不規則型」を含めると、厳密には6パターンということになります。

最後に

「こういう形の名詞の複数形は、こうなる場合が多い」という規則性もありますが、私は個人的には、暗記してしまった方が速いし、その方が効率がいいと思います。

ただ、これはもう「文法」ではなく「語彙」の領域ですので、「文法」としては、ドイツ語の名詞には、男性、中性、女性、と性別があり、複数形は、5パターンと不規則なものがある、とだけ覚えておけばいいと思います。