未来

ドイツ語では、未来のことを表す時、一般的には、現在形を使うのが普通のようです。
ですので、わざわざ未来形が使われた場合、意志や推量を表すことになります。

意志

 Ich werde auf der ganzen Welt reisen.
 I will travel around the world.

未来形は、「werden」という助動詞を使います。
一人称の場合は、意志を表すことになります。

werden
直説法現在形
ich werde wir werden
du wirst ihr werdet
er/sie/es wird sie/Sie werden

推量

 Er wird nicht kommen.
 He will not come.

三人称の場合は、「〜だろう」という推量を表すことになります。

命令

 Du wirst schweigen.
 You will be quiet.

二人称の場合は、「あなたは〜するだろう」という、相手の意志をこちらが決めてしまう、相手の行動を勝手に推量してしまう、ということから、相手に有無を言わさない命令の意味になることがあります。

最後に

「werden」は、受動態と一緒ですが、受動態の場合は、文末に過去分詞が来るのに対し、未来形の場合は、不定詞が来ますので、見分けるのは、そんなに難しくないと思います。