「sein」と「haben」

ドイツ語の、「sein」は「be動詞」、「haben」は「have」にあたります。

sein

 Ich bin glücklich.
 I am happy.

英語で「be動詞」に当たる「sein」は、以下の表ように変化します。
もっとも不規則な変化をかましてくれる素敵な動詞ですが笑、しょっちゅう出てくるので、意外と、自然に覚えられるのではないかと思います。

sein
直説法現在形
ich bin wir sind
du bist ihr seid
er/sie/es ist sie/Sie sind

haben

 Er hat eine Insel.
 He has an island.

英語で「have」に当たる「haben」も、不規則動詞で、下のように変化します。
この「haben」も「sein」に負けず劣らずの不規則な変化をかましてくれる動詞ですが笑、現在完了を作ったりして、ひょっとすると「sein」より使用頻度が高く、そのうち自然に覚えられる気がします。

haben
直説法現在形
ich habe wir haben
du hast ihr habt
er/sie/es hat sie/Sie haben

最後に

フランス語では「être」「avoir」がそれぞれ、ドイツ語の「sein」「haben」に当たりますが、私は、「être」「avoir」の活用は、フランス語に触れているうちに、ある程度覚えてしまったので、ドイツ語でも、意外と、自然に覚えてしまうと思います。