「haben」 直説法 現在形

英語の「have」に当たる「haben」も「sein」程ではありませんが、不規則な変化をカマしてくれる動詞です笑
ただ、「sein」と同様、使用頻度が高いので、意外と自然に覚えてしまう気もします。

注意が必要なのは、「sein」は、SVCの文になり、Cに形容詞が来ても変化させず、Cに名詞が来ても、Cは1格なので変化させないのに対し、「haben」は、4格目的語を取るので、冠詞を変化させ、形容詞も冠詞や名詞に合わせて変化させることです。

直説法 現在形

 Ich habe einen guten Freund.
 I have a good friend.

 Du hast schöne Augen.
 You have beautiful eyes.

 Er hat ein großes Haus.
 He has a big house.

 Sie hat viel Geld.
 She has a lot of money.

 Es hat einen Schwanz.
 It has a tail.

 Wir haben das Recht frei zu leben.
 We have the right to live freely.

 Habt ihr ein Problem?
 Do you have a problem?

 Sie haben einen Sohn.
 They have a son.

 Sie haben ein schönes Lächeln.
 You have a beautiful smile.

それぞれ、目的語が、以下のようになっているのが分かると思います。

「einen guten Freund」(男性名詞)
「schöne Augen」(中性名詞)
「ein großes Haus.」(中性名詞)
「viel geld」(中性名詞)
「einen Schwanz」(男性名詞)
「das Recht」(中性名詞)
「ein Problem」(男性名詞)
「einen Sohn」(男性名詞)
「ein schönes Lächeln」(中性名詞)

「viel Geld」が、「viele Geld」になっていないのは、「Geld」が無冠詞の抽象名詞だからで、これは「viel」という形容詞の決まりのようです。

haben
直説法現在形
ich habe wir haben
du hast ihr habt
er/sie/es hat sie/Sie haben