「sein」 直説法 過去形

「sein」の直説法過去形、英語で言うと「was」「were」に当たります。
ドイツ語では、特に日常会話では、過去のことは、現在完了形を使うのが一般的ですが、過去形が使われる例外もあります。
この「sein」はそうで、現在完了形よりも、この過去形が使われるのが一般的なようです。

直説法 過去形

 Ich war aufgeregt.
 I was excited.

 Du warst toll.
 You were great.

 Er war betrunken.
 He was drunk.

 Sie war schläfrig.
 She was sleepy.

 Es war ein Vergnügen.
 It was a pleasure.

 Wir waren zufrieden.
 We were satisfied.

 Ihr wart da.
 You were there.

 Sie waren gute Menschen.
 They were good people.

 Sie waren ziemlich.
 You were pretty.

sein
直説法過去形
ich war wir waren
du warst ihr wart
er/sie/es war sie/Sie waren