口が覚えるドイツ語

CD2枚付 口が覚えるドイツ語 スピーキング体得トレーニング

概要

全部で、約60課、最初の1章(1〜5課)は「プロソディ」で、主にイントネーションについて、60課(と見なすと)は、詩が載っています。

あとの、54課は、1ページ10例文ずつ(59課は、5例文)、まずは日本語が、そのページの裏にドイツ語が、載っています。

CDは、全例文、「日本語 → ポーズ → ドイツ語」という形で収録されています。
(最初の1章(1〜5課)は「ドイツ語 → ポーズ → 日本語」)

長所

何と言っても、瞬間ドイツ語作文が出来ることが長所です!

音声で「日本語 → ポーズ → ドイツ語」が収録されている教材は、なかなか無いので、この教材の存在自体が長所だと思います。

また、結構、ニーチェやショーペンハウアーやノヴァーリスなどの引用文も多くて、ドイツ語の名言に触れることが出来るのも良いですね♪

こういった引用文は、フランス語やイタリア語には無かったので、この「口が覚えるドイツ語」ならではの長所かもしれません。

第7章は副文で、48課〜55課まであり、副文が多く載っていて、定型後置の練習ができるのも素晴らしいです!

短所

短所という短所は見当たらないくらい、素晴らしいスピーキング教材だと思いますが、強いて言えば、独文が載っているページの下の方に、「ポイント」という、文法の解説が載っていますが、これがあまり詳しくないことでしょうか。

と言っても、この教材は、「スピーキング会得トレーニング」で「文法書」ではないので、仕方ないかもしれません。

私の感想

上に書いた通り、何と言っても、「日本語 → ポーズ → ドイツ語」のCDが付いている教材自体があまりないので、この教材の存在自体が貴重だと思います!

私は、この「口が覚えるシリーズ」には愛着があって、フランス語も、イタリア語も、やってきて(2016年07月現在、イタリア語は、現在進行形で、続けています)、これらの教材に取り組んだおかげで、計り知れない効果がありましたので、ドイツ語でも、この教材に取り組んでいこうと思います!